Monday, March 4, 2024
HomeBusiness IntelligenceCIOがAPIガバナンスを支持する理由

CIOがAPIガバナンスを支持する理由



ほとんどの企業は、よりソフトウェア中心へと移行しており、この変革に伴い、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)が急増している。同時に、API標準は膨れ上がる技術カタログの中で実施するのが難しくなっており、APIガバナンス、つまり一貫した設計、バージョン管理、アクセス制御を保証するポリシーを定義し、実施することの実践がより重視されるようになっている、とGartnerのソフトウェアエンジニアリング担当副社長アナリスト兼リサーチ主任のマーク・オニール氏は言う。

ノーコード自動化プラットフォーム企業WorkatoのCIOであるカーター・ブッセ氏は、APIは現在、ビジネスプロセス内の大規模な言語モデル(LLM)を統合し、相互作用させるための重要な接続組織であると付け加える。「企業がこれらのデジタル頭脳を入力し、活用し、ビジネスに組み込みたいのであれば、LLMを様々なビジネス・アプリケーションに接続するAPIが必要になる」と彼は言う。そして、ジェネレーティブAIへの信頼が高まるにつれ、使用されるAPIの数もそれに応じて増加すると予想される。

しかし、APIは次世代テクノロジーをサポートするだけではなく、すでにほとんどの企業で基礎的な役割を果たしている。APIセキュリティ・ソリューションを提供するNoname SecurityのフィールドCISOであるカール・マットソン氏は、APIはほぼすべてのCIOがビジネス価値を提供するための戦略的計画の基盤であると語る。そのため、彼はAPIガバナンスを、この価値が評価され、洗練されるためのテコと見なしている。「優れたガバナンスは、戦略目標を達成するために、運用と戦術の計画を調整し、集中することができる、その投資の遠隔測定である」と彼は言う。

台頭するAPIファースト戦略

APIは、現代のソフトウェア・アーキテクチャの中でいたるところに存在し、無数の接続された機能を促進するために舞台裏で働いている。「プラットフォーム間のデータやビジネスサービスの統合を可能にするAPIは、現在の技術トレンドに非常にマッチしている」と、ソフトウェア会社BizagiのCIO、アントニオ・バスケス氏は言う。「再利用性、コンポーザビリティ、アクセシビリティ、スケーラビリティは、ハイブリッドクラウド、ハイパーオートメーション、AIなどの技術トレンドをサポートするために、優れたAPI戦略が提供できる核となる要素の一部だ。」

これらの理由から、APIファーストは、開発者向けのインターフェースの開発を他の懸念事項よりも優遇する慣行として、盛り上がりを見せている。「APIファースト戦略は、現代の技術トレンドをナビゲートし、イノベーションを促進し、急速に進化する技術的ランドスケープにおける適応性を確保するために不可欠となる」と、エンタープライズ・フラッシュ・ストレージ・プロバイダーであるPure StorageのCIO、クリティカ・バット氏は言う。彼女は、クラウド・コンピューティングとマイクロサービス・アーキテクチャの採用の増加が、正式なAPIファースト・アプローチの最重要推進要因であると考えている。デジタルトランスフォーメーションとサードパーティ・サービスへの依存の高まりも重要な要因だと彼女は付け加える。

APIファーストの文化は、組織全体にポジティブな波及効果をもたらす可能性もある。「IT部門はすでにAPIを使って目的主導のアプリケーションを動かしており、シームレスな統合を可能にし、カスタマイズされパーソナライズされたアプリケーションを通じて従業員のイノベーションを促進しています」とWorkatoのブッセ氏は言う。

ゼロ・トラスト・データ・セキュリティ企業Rubrik, Inc.のCIO兼CDOであるアジャイ・サブロック氏も、APIが今日の技術状況、特にB2B接続において重要であることに同意している。「主にSaaSアプリケーションベースのITアーキテクチャでは、アプリケーション間の双方向のデータフローはAPIを介して実現するのが最適です」と彼は言う。APIファーストの開発は、基礎となるデータの抽象化、自動化の促進、データ使用に関するより良いガバナンス、よりアクセスしやすい監査証跡など、多くの利点をもたらすと同氏は付け加える。

次世代プラットフォームがAPI利用を促進する

APIは最先端の開発トレンドの最前線にあり、ここ数年、最新のウェブ・モバイル開発ではフロントエンドのフレームワークがバックエンドでAPIを呼び出している。「現在のAPIトレンドは、開発者が牽引するものであり、より開発者に優しく、軽量なAPIゲートウェイへの移行や、GraphQLの台頭などがあります」と彼は付け加える。

しかし、多くの関心はAIの見通しと、それがどのようにAPI採用を促進するかに集中している。「APIは技術戦略の中心であり続け、OpenAIプラグインを含むLLMによる利用により、これまで以上に不可欠なものとなっている」とオニール氏は言う。「Gen AI LLMは、複数のAIアプリケーションで活用されるAPIを提供し、APIの利用を指数関数的に増加させている。」

API利用が増加する背景には、他にも重要な原動力がある。例えば、サブロック氏は、EV自動車メーカーやライドシェアリング企業を挙げる。これらの企業は、消費者やサードパーティの補完製品メーカーがAPIを通じて容易にやり取りできる、アクセス可能なプラットフォームやデバイスを開発しているという。また、マイクロサービスやローコード/ノーコード・プラットフォームも、しばしば通信ゲートウェイとしてAPIを活用している。さらに、APIは内部の再利用性や統合されたデータフロープロセスのためのビルディングブロックとして日常的に使用されている。

APIの乱立は新たな管理オーバーヘッドをもたらす

企業は現在、社内サービスからパートナーとの統合やサードパーティのSaaSプロバイダーまで、多様なAPIポートフォリオで構成されている。多くの新しいAPIを管理することで、新たな運用オーバーヘッドが発生するとPure Storageのバット氏は言う。「組織はメンテナンス、アップデート、サポートのためにリソースを割り当てる必要があり、API管理の費用対効果に影響を与える」と同氏は言う。

APIが増えれば、設計の一貫性を維持し、スケーラビリティやエンドユーザー・エクスペリエンスに関する懸念を軽減するために、さらなる努力が必要になる。「認証、認可、データ保護に関連するセキュリティ・リスクに積極的に対処し、軽減することが極めて重要になります」とバット氏は付け加える。APIは日常的に侵害に関与しており、APIのライフサイクル全体を通してAPIを保護するベストプラクティスは比較的未熟である、とNoname Securityのマットソン氏は付け加える。

信頼性の高い統合を維持するためには、さまざまなAPIのライフサイクルを通じて変更を同時に管理する必要がある。「APIを管理することは、ソフトウェアを構築することに似ている。開発者とITチームは、アプリケーション間の効果的で安全な統合を可能にするために、APIを実装する際に適切な変更管理、ソースコード管理、リリース管理プロセスがあることを確認しなければならない。」とブッセ氏は言う。

適切なAPIインベントリ管理がなければ、企業は再利用の減少に悩まされ、肥大化と技術的負債につながる。開発文化は、APIを効果的にカタログ化していなければ、カスタムビルドのアプリケーションで似たような機能を持つAPIが拡散する可能性に悩まされることになる、とサブロック氏は言う。

ピュア・ストレージのCTO兼VPとしてAPIガバナンスとセキュリティを監督しているラティンダー・ポール・シン・アフジャ氏は、「APIの偏在は、一貫性のないデザインパターン、コミュニケーションのサイロ化、アクセス制御、ドキュメンテーションのハードル、モニタリング、パフォーマンス、スケーラビリティの懸念など、多くのIT管理上の課題をもたらす」と語る。Bizagi社のバスケス氏は、「技術的な検討事項のほかに、ビジネスへの影響も考慮しなければならない。バリュー・プロポジション、ターゲット・ユーザーは誰か、ビジネス目標との整合性、そして可能であればAPIをどのように販売し収益化できるか、に取り組まなければなりません」と言う。

流れを止める

APIガバナンスは、このようなエスカレートする管理ハードルに対応するために登場し、APIのライフサイクルを通じてAPIの多くの要素を監督し、安全で信頼性の高いROIを得るのに役立っている。「APIが企業でより一般的になるにつれ、ITとビジネス組織はAPIへの投資がパフォーマンス、効率性、セキュリティ、コンプライアンスを含む意図した結果を達成することを保証するためにAPIガバナンス・プログラムを構築してきた。

アフジャ氏によると、APIガバナンスは一貫したAPI開発のための標準とポリシーを実施し、API運用の全範囲をカバーしなければならない。「有意義なAPIガバナンスには、一貫性、運用化、遠隔測定、セキュリティ、そしてAPIライフサイクルを通じた継続的改善を包含するAPI管理慣行が含まれる」と彼は言う。

急成長するAPI文化には、高度にセキュアな状態を可能にするガバナンス・フレームワークも必要だ。「どのようなガバナンス・プログラムであれ、製品が時間内に適切に管理されるようなフレームワークを定義しなければなりません」とバスケス氏は言う。「APIの場合、どのように監視し、維持するかに取り組む必要がある。また、将来のアップデートやバージョンアップを通じて、品質、セキュリティ、コンプライアンスを保証する必要がある。」

優れたAPIガバナンスとはどのようなものか

実際には、多くの要素がAPIガバナンスのイニシアチブを成功させる。まず、優れたAPIガバナンスはAPIの設計を改善し、サービス間で一貫性を持たせる必要がある。Gartnerのオニール氏は「優れたAPIガバナンスが実施されている場合、一貫した設計とは、組織の全てのAPIが、たとえ多くのチームが関与していたとしても、同じチームによって定義されたように見えることを意味する」という。彼は、API戦略がAPIの生産者や消費者にとって官僚的なボトルネックにならないように、ガバナンスは可能な限り自動化されるべきであると付け加えている。

API設計標準の確立に加えて、サブロック氏は質の高いAPIガバナンスはAPIの可視性を考慮すべきだと強調する。これは、包括的な文書化、アクティブなインベントリの維持、観測可能性の利用、設計段階から廃止までの運用ガイダンスの作成といった戦略によって達成できる。また、フレームワークのコンポーネントをレビューし更新し、必要な場合には是正措置を講じるためのセンター・オブ・エクセレンスを設立することも提案している。

質の高いAPIガバナンスモデルに貢献する要素は、全体的なIT戦略の将来性も保証するものでなければならない。「効果的なAPIガバナンスは、APIの容易な作成、共有、監視、調整を可能にすることで、組織が変化に迅速に適応することを可能にし、長期的に競争力を維持することを支援する。さらに、組織はワークフローを合理化・自動化できるため、時間を節約し、個人やチームはビジネスクリティカルなタスクに集中できる。」とブッセ氏は語る。

ガードレールがCIOに安心をもたらす

健全なAPI在庫を維持することは、IT全体の俊敏性を高めることにつながるため、CIOはAPIガバナンスを考慮する必要がある。「APIポートフォリオが健全であることを確認することで、拡張性、柔軟性、コスト最適化を実現し、シームレスで信頼性の高い方法で、AIなどの新技術の導入に備えることができます」とバスケズ氏は言う。

さらに、ガバナンスは、より良い開発者エクスペリエンスと、よりセキュアな技術体制を確立するのに役立つ。「APIガバナンスは、APIが一貫して設計されていることを保証するため、APIの導入には不可欠です。APIガバナンスはAPIのアクセス・コントロール・ポリシーの策定を含むため、APIセキュリティの中心でもある。」とオニール氏は言う。

さらに、ガバナンスは、運用とIT戦略の戦略的な整合性を導くために極めて重要である。「定義された標準とポリシーを遵守することで、CIOはITプロセスを合理化し、開発サイクルを加速し、チーム間の効果的なコラボレーションを促進することができる。APIガバナンスは、まとまりのあるよく管理されたデジタル・インフラストラクチャを促進することで、戦略的アライメントに貢献する。」とアフジャ氏は語る。

APIガバナンスはまた、より迅速な市場投入で、よりスリムで安全なデジタル体験を提供することで、CIOに安心感を与えることができる、とマットソン氏は説明する。「APIガバナンスを効果的に実施することで、組織はすべてのAPIをライフサイクルを通じて作成、更新、管理し、最適な効果に向けて継続的に調整することができる。適切なガバナンスは、機能の正しい開発と提供を導き、リスクを減らし、顧客の期待に応えるのに役立つ。」

「CIOはAPIガバナンスをサポートしなければならない。しかし、初日から完全なガバナンスで大海原を沸騰させるようなことは避け、小さなステップを踏んで早い段階で進捗を検証するのがベストだ。早い段階で特定し、サポートを得ることは、後にガバナンスを実現する妨げとなるような、API技術やプロセスの負債を抱え込むことを避けるための優れた方法です」と彼は付け加える。

ビジネス目標の達成を支援する

今日のハイブリッドでコネクテッドなデジタル経済では、データとソフトウェアの機能は本質的に価値と結びついている。「本質的に、APIファースト戦略は、現代の技術トレンドをナビゲートし、イノベーションを促進し、急速に進化する技術的ランドスケープにおける適応性を確保するために不可欠となる」とバット氏は言う。適切なガバナンスは、APIファースト戦略に関連するあらゆる目的を正しい方向に導く。

したがって、API運用を管理するための投資は、ビジネス目標を達成するために必要である。「APIは、ビジネス価値を提供するための、ほぼすべてのCIOの戦略的計画の基盤です。APIガバナンスへの注目と投資は、これらの戦略目標が想定通りに達成されることを確認するために必要である。」とマットソン氏は言う。

サブロック氏によると、ガバナンスは、アプリケーション間でよりすぐに使えるAPIをもたらすだけでなく、新しい技術イニシアチブの継続的な成功を測る指標としても機能する。同氏によれば、APIガバナンスは、「プロセスの強化や修正を行う際の影響評価をより確実に行う」ことで、ビジネスを向上させる。また、パフォーマンス、データの問題、トランザクションの欠落、停止、セキュリティなど、プロセスの健全性に関する経験を共有するための共通のフォーラムも提供する。

APIガバナンスは、IT戦略の将来性を担保し、ビジネスが最先端のテクノロジーを採用できるよう、より良いポジションを確保するのに役立つ。APIは、競争力を維持するための重要なツールであるAIやLLMをプラグインするために不可欠であるため、これは重要なことだ、とブッセ氏は付け加える。「このため、APIはAI主導の未来において、顧客やパートナーとのビジネスのあり方にとって非常に重要になる」と彼は言う。

多くの可能性はAPIの製品化にもあり、ガバナンスがそのような外部化を実現する。「APIからビジネス上の優位性を得るには、APIから製品を生み出すことが必要になることが多い」とオニール氏は言う。「APIガバナンスは、APIが一貫して設計・管理されていることを保証することで、これをサポートする。」

ガバナンスはより確実な利用を導く

APIは単なる目的達成のためのツールではあるが、現代のテクノロジー・スタック全体におけるその急増する信頼性は、鋭い評価を受けるに値する。従って、APIガバナンスがITとビジネス戦略の将来を確固たるものにするために不可欠な役割を果たすというのが、エグゼクティブの意見だ。「APIは武器庫のツールであり、多くの場合、主要なツールです」とマットソン氏は言う。「ガバナンスの実践は、組織とそのツールを導き、これらすべての目的を自信を持って達成する。」

最終的に、APIガバナンスは組織の俊敏性、革新性、市場の要求への対応力に貢献する。「それは包括的なビジネス目標をサポートし、デジタル・エコシステムの有効性を保証します」と彼は言う。

APIs

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments